スパムの量がやばい

前回の記事の通り、乳酸菌についてちまちま調べている私です。

頭の中で情報の整理もできてきたので、そろそろ一旦まとめて記事にしたいなと思ってるところなのですが、それにしてもスパムがうざい。何かの検索から来てるのかなと思ってたんだけど、検索でヒットしなそうな前回のご無沙汰記事にもついてくるしよく分からぬです…。

メールがぽこぽこくるのとワードプレス開く度にコメントのところが赤くなってていちいち消す以外に大きな実害はないけど、それもめんどくさいし迷惑フィルターみたいなのがあればいいんだけどワードプレスよくワカラナイ…。

プラグインっての使えばできるのかな?乳酸菌の前にちょっと調べてみようかな…

という独り言まがいな更新でしたとさ。

ご無沙汰です

ブログの更新が滞ってしまった。

ちょっとブログ記事消失事件からモチベーションがさがって何書いていいか分からなかったんですけど、

毎日のように「コメント来てます」ってメールが来まくってて(まあスパムなんですけど)、取り敢えずスパムの処理ついでに更新しとくかーって感じなんですけど。

何書こうかな…。
取り敢えずスパムがいっぱいきてるのは亜鉛の記事いくつかなんですけど、
別にサイト紹介とかもしてないし、ランキングとかも登録してないんで、どっからきてるんだろうね?
けっこう、謎い…

最近はサプリに興味ないっていうか、元々サプリには興味なかった私が、サプリについて調べて「信じられるの?」みたいな感じではじめたブログだったので、私の思考?としては正常なんですけど。
でもまあ疑いだしたら世の中のほとんどのものは信じられないし(テレビもニュースも友人もご近所の噂話も)、なんていうか信じられるものは救われるだったり、全面的に信じるんじゃなくて、信じる度合いを臨機応変に調節するのが大切なのかな、ってなんとなく哲学みたいなこと(でもテキトーです)考えてたら、そこはどうでもいいかなって思ったり思わなかったりしたりなんだり。だったり?

そんな私は最近乳酸菌にご執心で(サプリと変わらないね…)。

ご執心ってほどではないんだけど、腸まで届く乳酸菌?がほんとに届いてんの?って思いながら、取り敢えず毎日ビオの加糖プレーン食べてます。

下しやすいお腹は相変わらずで、効いてるのか効いてないのかよく分からない…。

そもそも乳酸菌って、下しやすい人がとるものなのか、便秘ぎみの人がとるものなのかもよくしらない。

これネタになるじゃん!

書いてたらネタがふってきた、やっぱ書いてみるもんだね。

当分は乳酸菌について調べてみようと思ったのでした。

サプリの信憑性について

前の更新で亜鉛サプリについて一段落してから何について調べようか・書こうかってちょっと考えてしまって間があいちゃった。

そもそもこのブログを立ち上げたのは、いまいちサプリメントというものを信じられない私が巷で流行しているサプリメントについて知ることで、イメージだけで批評するのではなくその有用性と信憑性を確かめてみようというコンセプトだったはず。である。たぶん。

取っ掛かりとして鉄分について調べて、途中できっかけのあった亜鉛のことについて調べて、サイトが飛んで(事故)、急降下するモチベーションをぐっと持ち直してざっとまとめて復活して、亜鉛サプリについて調べなおして書き直した←いまここ

鉄分サプリとか亜鉛サプリについてはそこそこ知ることができたけど、どっちかっていうと栄養素の働きや有効性についての方が多いし、そもそもサプリメントそのものに対してはほとんど調べてなくない?なくなくなくない?コンセプトずれてる?

でもサプリメントって栄養補給のために使うものだし、栄養素について知ることは間違ってないのか。ちょっとブレてきてるのかよく分からない。

↑更新してない間なに書こうって考えながら頭の隅っこでこんなことも延々と考えてたけどブログのコンセプトとかそんな厳密に固定しちゃうもんでもないし文字書いてたらどうでもよくなってきた。

わたしはわたしのみちをゆく

こうなったらサプリは一旦置いておいて、栄養素全般のことについてずらーっと一気に調べ上げてまとめちゃおうか。それがいい、それがいい。やる気が出るならな。大丈夫、やることが明確になってれば書けるはず、更新できるさ、明日があるさ。そうそうやることが明確化されてないと自分が更新できないってのに薄々気づいてたんだよ。だからこんなこと考えてたのかもしれない。納得。では次回、栄養素のうんたらかんたらについてのまとめ記事でまたお会いしましょう。

ところでさ、

このサイト最近ブレてきてない?

亜鉛サプリの選び方

前回の宣言通り亜鉛サプリの選び方について学んでみようのコーナー。

まず亜鉛は1日にどれぐらい摂取できればいいのか?というところ。これについてはウィキペディア先生が丁寧に教えてくれた。

2005年版の「日本人の食事摂取基準」では、推定平均必要量:8(6)mg/日、推奨量:9(7)mg/日、上限量:30(30)mg/日(数値はいずれも成人男性、かっこ内は成人女性)である。ちなみにアメリカでは、男性で11mg/日、女性で8mg/日が推奨されている。

2005年ってちょっと古いけどほんの10年そこいらで必要量が変わるほどヒトは進化してないだろう。たぶん。日本に比べてアメリカの方が推奨量が多いのは体質的なものなのか医学とか科学とかそういった上での考え方の違いからきているのかは微妙に気になるかもしれない。

亜鉛サプリは鉄分サプリほど原料が重要じゃないし、他の選び方ポイントについて調べてみる的なことを書いたと思うけど、あれ以上の基準はやっぱりないみたい。

  • 原料(一応)
  • 亜鉛の配合量(1日の摂取量)
  • 亜鉛以外の原料(プラスアルファ)

これが亜鉛サプリを選ぶ上での見るべきポイント。プラスアルファの原料については他のミネラル、マカ、ビタミンCなんかが入ってると亜鉛の吸収率をよくしてくれたり相乗効果が期待できるらしい。

 

ランキング~とかおすすめ~とかざっと見てみたけど、有名なメーカーのだと大塚製薬、DHC、小林製薬、アサヒフードあたりを見かけた。スカルプDのもあってちょっと笑った。育毛剤とかそっち系のメーカーってイメージしかない。

原料としてはパッケージが牡蠣の写真の商品が多かったかな。海乳EXってのが楽天含めてどこのランキングにも載ってたから人気あるのかな?健康サポートセンターって聞いたことないメーカーだけど。センターって、メーカーなのかな?よく分からない・・・

亜鉛サプリの良し悪しは?

亜鉛サプリの良し悪しってなんだろう?鉄分はヘム鉄と非ヘム鉄って明確な違いがあったけど、亜鉛にはそういったものはなさそう。今日はそんな亜鉛サプリに良し悪しはあるんだろうか?について調べてみたことの備忘録。

亜鉛サプリって言ってるけど、どうも亜鉛「だけじゃない」サプリも多いみたい。亜鉛を主体にしつつもプラスアルファとして相性のいい成分が入ってるってやつ。あとヘム鉄と非ヘム鉄ほど明確なものではないけど、原材料はチェックしておいた方がいいとのこと。あといちばん大事なのが亜鉛の含有量ね。

でも正直あれがいいこれがいいって言われても、店頭とかCMでよく見かけるDHCとかがあったらどうしてもそっちに手が伸びちゃう。やっぱり企業の大きさというか、知名度っていうのは言葉以上の安心感がある。そう考えると知名度高くないメーカーとか、通販しかやってないようなメーカーは売る分には不利な気がするんだけど、それでもいろんなメーカーがいろんな商品出してるってことは、やっぱりそれなりに需要があるんだろうね。↑あ、これは亜鉛サプリに限った話じゃないです。

亜鉛の原材料ってなんだろう?鉄は野菜、魚、肉といろいろあったし、造血剤(薬)に至っては鉄の粉みたいなのがあったと思うけど、亜鉛ってあんまピンとこない・・・牡蠣ぐらい?

亜鉛の原材料について調べたかったけど今日はもう遅いしなんだか頭もいたいので次に持ち越しだ~~

オヤスミナサイ(:3[布団]

亜鉛について調べた結果

案のまがあいてしまった…。気をつけねば…。

さて、記事全部飛んじゃう前の話ですが、鉄分については一段落して、精力剤について知り、その過程で鉄分と同じ必須ミネラルの亜鉛について気になって調べてみよう、ってところで終わってたと思います。確か。たぶん。

というわけで今日は亜鉛と亜鉛サプリについて。

生体では鉄の次に多い必須微量元素で、体重70kgのヒトに平均2.3g含まれる。100種類を超える酵素の活性に関与し、主に酵素の構造形成および維持に必須である。それらの酵素の生理的役割は、免疫機構の補助、創傷治癒、精子形成、胎発生、小児の成長など多岐に渡る。

『人体における亜鉛』亜鉛 – Wikipedia

酵素ってよくわからないけど、免疫機構の補助、精子形成、胎発生、小児の成長ってことは老若男女あらゆる人にすごく重要な役割を果たしてるみたい。

必要量は1日あたり成人男性で8mg、成人女性で6mg。
推奨量は1日あたり成人男性で9mg、成人女性で7mg。
上限量は1日あたり成人男性30mg、成人女性30mg。

量で言えば相変わらず少ないけど、含有量自体が少ないからこれだけ摂り続けるのでも大変そう。

体内の亜鉛が少ないと亜鉛欠乏症っていうのになる可能性があって、症状としては味覚障害、精子形成の減少、無月経、貧血、皮膚炎、免疫機能の減弱、甲状腺機能の減弱、創傷治癒の遅延とか。

どの栄養素にも言えることなんだろうけど、少ないときの影響力が半端ない。

鉄分で言うヘム鉄・非ヘム鉄みたいなものはないみたい。牡蠣、レバー、牛肉あたりに多いのは鉄分と一緒だね。他には小麦、チーズ、納豆、エビ、卵、牛乳にも入ってるみたい。

亜鉛のサプリだとどの素材を使ってるかっていうのも重要になってきそう?次は亜鉛サプリについて調べてみようかな。

最悪…

弊ブログはロリポップさんなんだけど、どうしても複数wordpressがうまくインストールできなくて、バックアップとって一旦データ全部消して復元ってしたら設定がいろいろアレだったようで記事全部消えました…\(^o^)/

ありえん…どうも設定を途中で変更しても中途半端にしか反映されてないのが原因だったっぽいんだけど、ロリポップ許さん…

覚えてる範囲でざっと残しておきます。。。

消え去ったこれまでの備忘録まとめ

  • 鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄がある
  • ヘム鉄=有機鉄=吸収しやすい=肉や魚に含まれてる
  • 非ヘム鉄=無機鉄=吸収しにくい=野菜に含まれてる
  • ちなみに私がたまに処方される造血剤に使われてるフマル酸第一鉄は、簡単に言うと鉄の破片
  • 鉄は不足しやすい栄養素で3本の指に入る(世界レベル)
  • 鉄と同じく必須ミネラルのひとつで亜鉛がある
  • 鉄や亜鉛は不足しやすいものの、体重70kgの人に対してほんの2g程度
  • 今まで意識してなかったけどサプリっぽいの飲んでる父親を問い詰めたら精力剤だった
  • 男にも更年期障害がある
  • 精力剤はシモの話だけだと思ってたけど、更年期の人が飲むと疲れがとれやすくなったりするらしい

父親が参考にしてたらしいサイトは↓

おすすめ精力剤ランキング – 男の自信

見てみると精力剤っていうか精のつくものって聞いて想像するようなスッポンとかマムシとか使われてるサプリってないみたい(漢方とかになっちゃうのかな?

こんなものかな…まとめてみるとなんか少ないな…割と独り言っていうか知識と関係ないことも書いてるから要点だけまとめるとこんぐらいになっちゃうのか。

めげずに更新できたらいいな…