胃腸の弱い私とわんこがWin-Winなウォーターサーバーを探し求めて三千里

また長らく放置してしまいました。コンセプトがブレてしまってからブログ更新のモチベーションがヤバイ。

サプリについて学んでいたはずが鉄分の話になり、気がつけば亜鉛について調べ、サイトの全記事が飛んでしまってからは方針もブレブレなままですね。

めんどうなのでこのまま気ままに更新していくのも悪くないかなと思っています。

今日は飲み水について最近気になったことを書いておこうとおもいます。サイトを更にブレさせる要因になる気しかしない?私もそう思います。

水って透明ですが、実はいろんなものが入ってるらしいです。代表的なのだとミネラル、カルシウム。これらの成分の含有量を硬度と呼ばれ、多いほど硬度が高い硬水、少ないほど硬度の低い軟水となるそうです。

硬水・軟水と聞いたことはありましたが、まさかそれがミネラル・カルシウムの量だとは思いませんでした。

昔から口当たりが硬い水があまり好きじゃないことをニュアンスだけで「硬水はあんまり好きじゃない」と言い張ってきましたが、間違いではないことが分かって個人的にホッとしました。

ミネラル成分のほかにもpH(ペーハー)というのがあって、これで水の酸性・中性・アルカリ性が決まるそうです。

pHは水素イオン濃度というらしいですが何のこっちゃ分かりません。理解することを諦めました。そういう数値がある事実だけ覚えました。

これらの成分は味・口当たりはもちろん、体に与える影響も変わってくるそうです。成分が入ってるんだから当然ですね。

水道水は中性の軟水に保たれてるそうですが、地方によって若干の差はあるみたいです。

なんで急にこんなことが気になったのかというと我が家でウォーターサーバーを置こうという話があって、体の弱い私が飲んでも大丈夫で、更には我が家で飼っているわんこにあげても大丈夫なお水を求めてウォーターサーバーについて調べていたらこういった話がわんさか出てきたわけです。

これまで何も考えずに飲んできましたが、水も奥が深い…

勤め先にクリクラのウォーターサーバーがあるんですが、あんまり美味しいとは思わなくて、「ウォーターサーバーもこんなものかー」って思ってたんですが、天然水とRO水があって、クリクラはRO水らしいですね。

RO水はミネラル成分なんかがほとんど取り除かれた安全性が高い水な代わりに、あまり美味しさがなく安い水。

天然水は採水地によっていろんな成分が含まれていて、天然水ごとにいろんな特徴があるものの基本的に美味しい水。RO水より値段は高いみたいです。

犬にあげても大丈夫なウォーターサーバーでこういった知識を得て、10月になったらおすすめされているフレシャスを頼んでみる予定です。

会社に置いてあることについて特に何も思いませんでしたが、いざ自宅に置くとなるとなんだか楽しみです。